社内SE 転職

社内SEには様々なスキルが求められる

社内SEは転職先として人気がありますが、一方では何でも屋であるという人もいます。

応募する前に業務の内容を確認しておくとよいでしょう。

社内SEとして働いていたとしても必ずしも同じ内容の仕事をするとは限りません。

企業の業種、構成している社員の年齢層や職種などによって必要とされる職務の内容は異なるのです。

スキルとして求められる技量や資格も大切な転職成功の要素ですが、社員とのコミュニケーションも円滑にとれることも必要です。

転職で社内SEを希望する場合、企業のシステム部に所属してマニュアル通りの業務のみを行なえばよいケースもあります。

しかし、企業の規模によってはコンピューターに関する全ての業務の見守りや管理、ヘルプ業務など、ある意味何でも屋としての能力も要求されます。

この度合いは、企業の規模が小さくなるほど顕著になります。

社内の社員とのコミュニケーションも重要

企業によってIT技術に関する知識力には違いがあります。

たとえば、パソコンのメールさえもおぼつかない人がいるということです。

そのため、ソフトの更新、インストールなどについても指導やヘルプサポートが必要になります。

社内SEの仕事ではないと考えるのではなく、そのような社員に対しても笑顔で応対できる資質が求められます。

また、ネットワーク管理に関連する業務として、コピー機、プリンターなどへの接続設定もあります。

トラブルが発生した時には率先して解決に走らなければなりません。

もちろん、社外からのサイバー攻撃やウィルスの駆除、社内サーバーの管理など本来の業務がメインとなりますが、それ以外の仕事もお願いされる可能性があることを覚えておくとよいでしょう。