社内SE メリット

社内SEのメリットは?

社内SEは自社のシステムなどの開発・管理などを行なう業務です。

ほぼ社内に常駐して業務を行ないます。

業務の内容としては、たとえば、社内用のシステムを新たに開発する場合には、企画からシステムの構築までを一貫して行うことができますので、業務に対しての責任や充実感をしっかりと味わうことができます。

また、エンドユーザーは社員ですから、新システム稼働後の状況や使い勝手などの確認がしやすいといえます。

これが対外向けのシステム開発の場合には、システムの一部を請け負うことが多いので、システムの全体を見ることが難しく、消化不良のような状態を感じてしまうケースもあります。

対して転職して社内SEとなれば一貫した業務となりますので達成感を覚えやすいといえます。

社内SEは仕事もプライベートも充実できる職種

また、社内SEは一般にはシステム部の所属が多いです。

さらのその部署は本社に設置されることが多いため転勤の可能性が低い職務でもあります。

一貫して社内のシステムを見守る役割があることから、転勤の必要がない職場ですし、所属する社員も転勤ほ望まない人が多くなっています。

また、外部のシステム開発の請負とは異なり、業務内容にはルーチンワーク的なことも多いため、残業は比較的少ない職場です。

突発的なトラブルがない限りはプライベートの計画も立てやすいでしょう。

華々しさはありませんが、仕事もプライベートも充実させたいと考える場合には、社内SEへの転職は希望どおりともいえます。