社内SE 技術的業務

技術者としての業務はあまり多くない

SEはシステムエンジニアの略ですが、社内向けの業務の場合には厳密に技術者としての業務はあまり多くないと考えられます。

社内SEは人気の職種ですが、安定性があること、業務時間が安定していることが理由として挙げられています。

対社外に向けてのSE職になると、顧客のためのシステムの開発や運営を手掛けます。

顧客との折衝や打ち合わせに時間が必要ですし、システム構築の時間も必要となります。

そのため、残業時間も人によっては多くなるケースもあります。

対して、社内SEとなると突発的なトラブルがない限りは残業数も少ないので、プライベートを充実させることができます。

業務内容も、アプリケーションのインストールやヘルプデスク、ネットワークのチェックなどSEでなくともできることもあります。

社内SEにはコミュニケーション力が必要といわれています。

技術者としての能力よりも大切なポイントとして面接でチェックされることがあります。

技術者として働きたいという人には物足りなく感じる

技術者として転職を考える場合、自分の技術や能力が生かせる職場を探します。

また、スキルアップを目指していることもあるでしょう。

しかし、社内SEはある意味特殊な職業です。

企業内で活用しているIT関連技術の保守や管理を行うのです。

企業によっては、オーソドックスなシステムではなく自社独自に開発したシステムを使用していることもあります。

そのため技術者としてバリバリ働きたいという人には物足りなく感じるかもしれませんが、社外向けのSEより働きやすい環境となるのは間違いありません。