社内SE システム管理

社内SEの自社のシステムに対する責任は大きい

SEとはシステムエンジニアの頭文字をとった名称です。

コンピュータを利用して会社の業務を行ったり、社内の文書管理などを行なったりする会社が増えています。

SEはこのようなシステムの管理を行なう仕事です。

転職するときに気を付けることは、会社の業務として自社以外の会社のシステムの運用を行なう業務と、自社内の業務やシステムの運用管理を行う業務があるという点です。

社内SEは自社の管理や運営を行います。

自社のシステムの運用・管理を行うだけでなく、自社の業務が円滑に推進できるような新システムの開発を行なうこともあります。

開発業務の場合には社外に委託することもありますが、その後の運営・管理は社内SEが担当しますので、自社のシステムに対する責任は大きいといえます。

社内SEとして転職を希望する場合には、自分の経験が生かせるか、未経験でも修得できるかが焦点となるのです。

よりよい運営ができるよう常にアンテナを巡らせておくことが大切

社内SEは会社の中でも基軸となる部分に位置しますが、業務の運営をするわけではありませんので生産性に直結する業務ではありません。

トラブルが発生しないように会社のシステムが運用されるように見守る業務ですから、安定した職場ともいえます。

しかし、日進月歩するIT社会にあっては、新しいシステムや技術についての知識の修得は欠かすことができません。

自社のシステムが危険にさらされることがないよう、よりよい運営ができるよう常にアンテナを巡らせておくことが大切になります。

IT業界は人の流れが活発ですから、社内限定であろうともSEの転職情報は多いです。