社内SE 英語

社内SEは英語の能力が重視される

社内SEには英語のスキルは必要なのでしょうか?

結論から先に書いてしまいますと、社内SEには英語のスキルが必要であると言えます。

特に大手の企業であったり、製造業などでは英語のスキルは必須と言えます。

近年では、外資系の企業でも社内SEを採用している企業があります。

外資系企業の場合は、最初から応募する条件としてTOEICのスコアが必要となります。

場合によっては、800点以上のハイスコアが必要となることもあり、外資系企業に応募するには、かなりのレベルで英語を取得しておかなければなりません。

その分外資系企業における社内SEの年収は、かなり高いものとなっているそうです。

国内の企業であっても製造業や大手の企業であれば、海外に進出しているケースも少なくありません。

海外への進出をしていることもあってか、社内インフラを海外のシステムに切り替えていく会社も増えてきているようです。

英語が基本となっているインフラを社内SEが使えないとは言えませんので、英語の能力はかなり重視されるようになっています。

海外との取引に英語が必要になる

特にその傾向が顕著なのは製造業です。

製造業であれば、大手だけにとどまらず中小の企業であっても積極的に海外と取引を進めるようになってきています。

近年のグローバル化した社会の中で、一部の企業が社内の公用語を英語にするなどの発表をしたことで話題になりました。

大手の企業だけではなく、製造業では中小の企業であっても海外と取引する為には英語が必要となってくる時代にきています。

社内SEだから関係ないと決め込んでいては、時代に取り残されてしまうことにもなりかねません。

その為にも英語のスキルをしっかりと磨いていくようにしたいですね。

自分の勤めている企業が海外に支店や営業事務所を持つのであれば、その営業事務所に導入するシステムは現地の方が使いやすいようなシステムにしないといけません。

その為には、社内SEが現地へと出張し現地の方とコミュニケーションを取って、ヒアリングした結果をシステムに反映していくことになります。

英語のスキルがなければ、文字通りに話にならないことになってしまいます。