社内SE 未経験

エンジニアとしてのスキルアップは難しい

社内SEのスキルアップは難しいのでしょうか?

社内SEの仕事は一般的には、現場での仕事は少ないと言えます。

現場と言っても、社内システムの保守運用をメインにすることが多く、エンジニアとしてのスキルアップは難しいと言えます。

システムエンジニアのように、システムの開発に関係している職と比較すると、開発系のスキルはほとんど使うことがありません。

簡単なスクリプトを組んだりするくらいはありますが、基本的には何かあった時以外には、開発業務に就くことはないと言っても良いでしょう。

勿論、システムの開発などは外注に任せることなく自分でプログラムを作る方もいます。

しかし、社内SEには、ヘルプデスクのような仕事やシステムの運用管理などの仕事がありますので、なかなか難しいと言えます。

業務時間自体はシステムエンジニアなど開発系エンジニアと比較すると少なくなっていますので、空いた時間を使って、自分の腕が鈍らないように趣味感覚でプログラムを組んでいる方もいるようです。

こうしたことを考えますと、会社の規模や会社の業種によってもある程度の変化はあるでしょうが、開発系としてのスキルアップを望むのであれば、社内SEにはならない方が良いでしょう。

経営的な意味でのスキルアップは可能

その代わりと言うのも語弊があるかもしれませんが、社内SEとして勤務することで経営的な意味でのスキルアップが可能です。

SEと言う名を冠してはいるのですが、社内SEはそもそもシステムエンジニアに仕事を発注する側になりますので、その点をしっかりと理解しておきたいですね。

外部の業者との交渉能力をはじめとして、会社におけるITの予算をいかに減らしつつも、得られるサービスの質を落とさないか、などを考えていくことにもなりますので、仕事の質がまったく異なっています。

特に社内のIT化が進んでいない中小の企業に就職した時には、経営者的な視点を持って仕事をしていくことなります。

社内のIT関係については、一手に引き受けることになりますので、事業計画書などを作成し、経営陣と予算の交渉などをしていくこともあります。

この為、経営的な視点でのスキルは否が応でも上げていかないといけません。