社内SE スキル

社内SEはスキルより実績が重要

社内SEに必要なスキルには、どんなものがあるのでしょうか?

社内SEの仕事の幅は、会社によって異なってくると言えます。

とても幅広い業務をこなすような会社もありますし、システムの保守運用をメインにする会社もあります。

また、自分が勤務している会社の業種によっても、仕事内容が異なってくると言っても良いでしょう。

ITの活用が幅広い業務で使われている昨今では、社内SEの仕事も多様化していると言えます。

それでは、実際に社内SEを採用する企業としては、どういったスキルを重視していくのでしょうか。

基本的に1つの目安としておきたいことは、年齢に相応したスキルを持っているかどうかと言うことです。

また、社内SEのような技術系の職種の場合は、資格の有無も問われることになりますが、何よりも実績を問われることになります。 この点をしっかりと理解して、キャリア作りをしていくと良いでしょう。

年齢別でクラスが分けられる

年齢別によるスキルなのですが、一般的には20代半ばまでの年齢の場合はメンバークラスと呼ばれています。

20代後半から30代前半まではリーダークラス、30代後半以降をマネージャークラスと位置づけている企業はとても多いです。

社内SEのキャリアを考える時にも、これらの年齢によるクラス分けは妥当な線であると言えます。

社内SEに関して、メンバークラスである時に必要なスキルとしては、システムの開発運用などの現場で仕事をすることが多くなりますので、システム関連のスキルは必須であると言えます。

対人的なスキルとしては、まだまだ若手のグループに所属していることから自分を高めていく為に、スキルアップにどん欲な人材が求められることになります。

リーダークラスになってくると、システムの現場の知識だけではなく、業務に関する幅広い知識が求められるようになってきます。

現場を率いていくチームリーダーとなる為、コミュニケーション能力も必要なスキルになってきます。

マネージャークラスになってきますと、組織運用やマネジメントスキルが必要となってきます。

社内SEの管理をしていくとともに、システム開発における企画力や提案力、プレゼンテーションの能力が求められるようになります。