社内SE 資格

情報処理技術者の資格を持っている方も多い

社内SEにとって持っていると良い資格は、どんな資格があるのでしょうか?

社内SEの評価としては、基本的にこれまでにこなしてきた業務経験によるものがほとんどだと言えます。

つまり、資格を持っていることで有利になるのかと言えば、お守り程度に考えておくと良いかもしれません。

何もないよりはマシと言った扱いをされる資格がほとんどとなっていますので、闇雲に資格を取れば良いと言うものではありません。

社内SEとして、情報処理技術者の資格を持っている方も多いそうです。

受験者も多いですし、多くの方が持っている資格だとも言えます。

採用する側としても、あまり重要視していない資格だと言われています。

しかし、社内の昇進条件に情報処理技術者の資格が必要となることもあるそうです。

ですので、出来るなら取っておきたい資格であると言えます。

社内SEとして持っていてもほどんと評価されない資格では、ITパスポート、基本情報処理技術者、応用情報処理技術者の資格になります。

次に、採用される時に少しは有利になる資格としては、情報セキュリティスペシャリスト、ネットワークスペシャリストの資格になります。

どちらもIT系の資格としては、難しい部類に入る資格になります。

社内SEの需要がある資格

採用に繋がる可能性が高い資格としては、プロジェクトマネージャーの資格、システム監査技術官の資格があります。

一般的にも、プロジェクトマネージャーの資格とシステム監査技術官の資格は需要に対して、人数が不足しているとされています。

ただし、実務経験やスキルなどが足りていることが条件となりますので、実務経験をしっかりと積んでいきましょう。

他にもネットワーク系の資格としては、シスコの上位資格などであれば評価されることもあるそうです。

Oracle系の資格、SPA系の資格があることも評価されることがありますので、持っていて損はありません。

社内SEとなってしまうと、自分でプログラムを組んでいくことはほとんどなくなってしまうと言っても良いでしょう。

その為、技術系の資格を持っていることよりも、プロジェクトマネージャーや監査技術官などの資格が重用される傾向にあります。