社内SE 年収

企業の規模によっても年収の額は変わってくる

社内SEの年収は、どのくらいになるのでしょうか?

社内SEの年収に関しては、どのような業界の会社に所属しているのか、どのくらいの規模の会社に勤務しているのかによって異なってきます。

中でも、特に社内SEでも年収が高いとされているのは、外資系企業の社内SEになります。

外資系企業に勤務するにはSEとしての知識や勤務以外にも、TOEICで700点以上などの条件がつきますので採用の条件は厳しいと言えます。

一般的な社内SEの平均的な年収としては、およそ500万円ほどだと言われています。

年代別で言いますと、20代後半でおよそ400万円、30代前半で500万円前後、30代後半で550万円前後とされています。

サラリーマンの方の一般的な平均年収がおよそ400万円ほどだとされていますので、高めの年収であると言えます。

安定的な職業でもあり、残業も他のIT業界の職種と比較すれば少ないので、待遇は良いと言っても良いですね。

中には、20代後半でも1000万円弱の年収を得ていると言った高年収の方もいるようです。

勤務することになる企業の規模によっても、かなり年収の額は違ってくると言えます。

年収以外にも仕事内容などをしっかりとチェックする

社内SEの仕事は幅広いものがありますので、求人サイトなどを利用する時には、年収以外にも仕事内容などをしっかりとチェックしましょう。

仕事内容としては、ヘルプデスク的な仕事から事業計画書を作成するような社内SEの方もいます。

特に中小の企業では、社内のIT関連に関して一手に引き受けることになることも多いようです。

社内SEが自分1人であり、社内のIT関連の業務のすべてを担っていくケースも少なくありません。

そうしたケースでは、多くの仕事をこなしていくことになります。

社内におけるヘルプデスクの仕事、外注業者の管理、社内システムの運用保守、事業計画書の作成、社内IT関連の業者の管理など、多くの仕事を任されることになりますので、責任の大きな仕事だと言えます。