社内SE 役割

社内SEの仕事内容は会社の規模や業種によって様々

社内SEの仕事と言っても、多種多様な業務内容になります。

その為、会社の規模や業種によって様々な仕事内容があると言っても過言ではありません。

大規模な会社であれば、社内インフラとして使用しているシステムを自社で、構築しているといった会社もあります。

社内に何人もの社内SEが所属しており、チームでインフラシステムを開発したり、保守運用していくことになるでしょう。

外資系の企業では、海外で社内システムを構築しているといった場合もあります。

中小の企業であれば、社内で使うシステムについては、そのほとんどが社内SEではなく、外注の会社が作成することになります。

社内SEの仕事としては、外注先と打ち合わせをすることや、納期の管理、システムが納品された後には運用保守に関わることになります。

他の業務内容としては、業務における事業計画書などを作成することもあるようです。

各部署にヒアリングをした結果をまとめ、事業計画を作成して、経営者の前でプレゼンをすると言った仕事です。

社内SEとはITにおける便利屋さん

先ほど、上でも触れましたが、外注先の業者を仕切るのも社内SEの仕事だとされています。

社内におけるIT関係のすべてを取り仕切るケースも多くあり、インターネットの回線業者であったり、メールホスティングなどの業者に関しても社内SEの管理下にあります。

支出を抑える為に、既存の業者に対して他社と競合させていき、結果として現状よりも低い価格で同程度のサービスを確保することなども社内SEの仕事だとされています。

さらにはウェブサイトを運営している会社であれば、会社のウェブサイトを運用管理していくこともあります。

HTMLでウェブサイトを構築していくこともあれば、新しいサービスなどを提供することもあるそうです。

さらにはウェブサイトのSEO対策やアクセス解析などをして、事業計画へと反映させるようなこともあります。

ヘルプデスクの仕事もあり、会社によってはまさに社内SEとは、ITにおける便利屋さんとして仕事をすることが多いようですね。