社内SE 向いている人

社内SEのメリットを知る

社内SEに向いている人と向いていない人は、どう見分ければ良いのでしょうか?

社内SEに向く向かないを知るには、先ず社内SEのメリットを知っておくと、より具体的に見えてきます。

社内SEのメリットとしては、ユーザーとの距離が近いと言ったことがあります。

同じ社内で働いている従業員全員がユーザーとなりますので、案件の全体像が把握しやすいと言えます。

次のメリットとしては、社内SEの仕事は企業の経営に近いと言うことになります。

自分やチームで作った社内システムがどのようにして、経営に活かされていくのかを間近に見ることが出来るのが社内SEの仕事です。

経営課題を把握することも出来ますので、経営課題を社内的にどのように解決していくのかが重要になります。

業務知識について深く知ることが出来ることもメリットです。

開発におけるスキルだけではなく、幅広い業務知識が必要となる社内SEは、逆を言えば、多くの業務知識を身につけるチャンスでもあります。

最初は知らなくても当然ですが、経験と実績を重ねていくことで、さらに上積みを増やしていけることが特徴です。

最後のメリットとしては、開発系のエンジニアほど忙しい仕事ではないと言うことです。

社内SEは納期を決めていくことが出来る立場にありますので、基本的には開発系の仕事ほど忙しくはなり難いのもメリットですね。

社内SEとしてのメリットを考えた上で、社内SEとしての適正がある人は、ユーザーとシステムの距離の近さを重視する人だと言えます。

経営そのものに興味がある方も向いている

他にも、経営そのものに興味がある方も向いているでしょう。

社内SEとして、多くの人と話す機会があることから、コミュニケーション能力も必須だと言えます。

職業として安定している職業を探している人なども社内SEの仕事は向いていると言えるでしょう。

反対に向いていない人としては、自分のスキルアップなどをしていきたいと考えている人です。

社内SEに就いてしまうと、自分でプログラムを組んでいく機会は激減すると言えます。

簡単なスクリプトなどを組むようなことはありますが、基本的には社内のシステム作成そのものに関しては外注となることがほとんどです。

つまり、自分のスキルアップを望んでいる方であれば、社内SEの職は向いていないと言えます。