社内SE 仕事内容

社内SEの仕事は幅広い業務内容

社内SEとはどんな仕事になるのでしょうか?

社内SEの仕事は、幅広い業務内容になると言っても過言ではありません。

会社によっても異なってくるのですが、社内SEの仕事は大きく分けると4つの職務内容となります。

ヘルプデスクの仕事、システムエンジニアとして業務アプリの企画から運用保守まで行う仕事、ネットワークエンジニアとしてインフラ企画から運用保守まで行う仕事、CIOの仕事の4つです。

この為、社内SEとして求人があったとしても、会社によって業務内容が異なってくることがあります。

また、求められる業務内容によって必要とされるスキルや知識も変わってくることになるので、注意しておきたいですね。

基本的な社内SEのイメージとしては、社内で使われているインフラ技術の保守運営と言ったイメージが強いかもしれません。

確かにイメージ通りの職務内容となる会社もありますし、稀にマクロなどを組む作業をすることもあります。

しかし、上でも触れたように社内SEの職務内容としては幅広いものがあるのも事実です。

つまり、社内SEになると言いましても、どういった職務内容の社内SEを目指すのかが重要となります。

会社の規模によって携わる業務が異なる

システムエンジニアとしての業務を望むのであれば、かなり忙しい職場になると言っても良いでしょう。

社内のインフラ企画や運用保守を行うのであれば、既に基本的なインフラが導入されている場合は保守運用がメインとなります。

ヘルプデスクの仕事は、メールや電話などでユーザーからの問合せに対応する仕事です。

社内インフラの運用に関して、社内から問合せがくるようなこともあります。

CIOは経営陣としての業務内容を行うことになるでしょう。

社内SEについては、会社の規模によってもどのような業務に携わることになるかも異なってきます。

中小の企業でIT化がほとんどなされていないような企業では、社内に自分1人しか社内SEがいないと言ったことも珍しくありません。

反対に大手の企業ですと、何十人もの社内SEが働いておりチームで業務にあたっていくことになります。