社内SE 年収

社内SEの平均年収について

社内SEへの転職をお考えのあなたへ。

このページでは、社内SEの年収・給与相場に関する情報を掲載しています。

社内SEの平均年収は、20代後半で約400万、30代前半で450万前後、30代後半で約500万となっています。もちろん会社によっても異なりますが、一般サラリーマンの平均年収が400万前後であることを考えると、高い水準と言えるのではないでしょうか。

社内SEの年収は、会社の好不調に左右される側面もあり、好調な会社であれば1000万を超えることもあるようです。

年収アップのためには、長期的にキャリアを形成し、現状よりも大規模なプロジェクトに携わることが大切と言われています。

社内SEとSIerではどちらが稼げるのだろう? と思われる方も多いと思います。一概には言えませんが、傾向としてはSIerの方が給料が高い傾向にありますね。やはり外から仕事を取ることが出来るSIerの方が、稼げる可能性は高いようです。

その分、社内SEは労働時間が少ないことが多く、中には定時で帰宅しているSEもいますね。「SIerとして働いていた頃は残業続きで体力的にきつく、家族との時間も取れなかったけれども、社内SEに転職後は家族サービスも出来るようになった」という感想をお持ちの方もいます。

ただし社内SEでも残業が多い会社もありますので、その辺りは面接時に確認して下さい。

SEとして年収アップするために転職

転職は、何を最優先順位に考えるかがポイントですね。労働時間が長ければ収入は増える。短ければ給料は減るけれども時間を取りやすい。そのように転職の優先順位を考えると良いでしょう。

また年収アップを考える場合は、最初に社内SEとして数年勤めた上で、別な会社の求人を探して転職するという選択肢もあります。同じ会社で給料アップを狙うよりも、現実的かもしれませんね。

プログラマーやSEには35歳定年説がありますが、実際に35歳を超えてから転職活動を始めて年収アップに成功した方もいますから、積極的に仕事探しを行ってみてはいかがでしょうか?

インターネットから利用できる転職支援サービスに登録することで、求人の幅は一気に広がります。まずは実際に無料登録されてみて下さい。